プリンターのインクが出にくいと思ったら専門家に相談しよう

男性と女性

コピー品質と速度が魅力

印刷

コニカミノルタのトナーインクの複合機は、印刷品質が高く、スピーディーな印刷ができる点が最も魅力的です。コンパクトな端末はデスクトップにも置けるため、場所も選びやすく、事務所の状態に合わせたコピー機選びがしやすいです。

合理的な選択です

コピー機

コピー機のリースは保守契約が結べるので日々利用する上での手間が掛からず、定期的に新しいモデルに切り替える事が出来ると言うメリットがあります。料金はカウンター料金や導入するモデルによって異なりますが基本的に月数万程度となっているので一括で購入して保守契約を別途結び数年利用するのと大きな差はありません。

社員証を社内で迅速発行

プリンター

カードプリンタは、プラスチックカードに文字や画像などを印刷し、社員証やメンバーズカードなどの各種カードを作れる機械です。外部業者に委託するよりも迅速かつ低コストでカードを発行することができ、個人情報の漏えいも防げます。

紙に出力してその場で確認

パズル

すぐに印刷できる利便性

会社では様々なIT化が進み、紙媒体の書類や印刷物といったものが使用される機会は年々減りつつあります。それでも完全なペーパーレス化はまだ先の話で、ドキュメントを紙に印刷して出力することが消えたわけではありません。印刷するたびにコンビニへ駆け込んでコピー機を借りるよりも、社内に専用のプリンターとインクを導入したほうが作業効率も上がります。これらを導入するメリットは、印刷したい時にすぐに使えるという点です。パソコンとプリンターを連携させておけば、画面上で印刷ボタンを押すだけで即座に出力できます。コピー機が置いてあるお店まで行く必要もなく、無駄に時間をかけることもなくなります。印刷物の仕上がりを事前に確認するときにも、インクを使ったプリンターは役に立ってくれます。印刷会社へ依頼する前に自前のプリンターで出力しておくと、レイアウトの不具合やカラーマッチングなどをその場でチェックできます。特にインクの色合いは、パソコンの画面上と印刷物とでは変わることがよくあります。プリンターで確認すれば、思った通りの仕上がりに近づけることができます。市販のプリンターには二種類あり、インクを使ったものとトナーを使ったものとがあります。インクを使うタイプなら本体は数万円程度で購入することができ、導入コストを抑えることが可能です。インクについても、最近の製品なら色別に独立しており、無くなったインクタンクのみ交換できるためコスト的にも有利になっています。