プリンターのインクが出にくいと思ったら専門家に相談しよう

女性
  1. ホーム
  2. 合理的な選択です

合理的な選択です

コピー機

メリットを知ろう

IT化が進み、多くの企業でペーパーレス化が囁かれてきましたが、コピー機の需要に大きな変化はありませんでした。その背景には書類の管理を行う上でデータと書類いずれでも保管をすると言う日本特有の商習慣があったり、書類などに追加情報を即時的に書き込みやすいと言う紙ならではのメリットがあり、多くの方にとってそれらがしみついているからだと言えます。その為、IT化が進んだ今もなおあらゆるオフィスでコピー機が稼働をし続けているのです。では、オフィスにおいてどの様なコピー機が好まれているかと言うと手間の掛からないオフィス向けのモデルが人気となっています。オフィス向けのコピー機は家庭用と異なり、スピードが早く、給紙枚数も多いのでビジネスシーンにおいてもストレス無く使用する事が可能です。また、オフィス向けのコピー機は基本的にリース契約となり、保守契約も合わせて行われます。その保守契約の中には定期メンテナンスやトラブル時の対応などが含まれているので導入する企業側としては手間なく利用が行えるのです。加えて、トナーに関してもカウンター契約と呼ばれる印刷枚数に応じた料金請求となるので、自身で消耗品であるトナーを購入しに行く必要もありません。あらゆる面でリース契約はメリットがあると言えるでしょう。なお、費用に関してはカウンター料金の設定や導入するモデルによって異なりますが、毎月数万円程度が相場です。リース契約に関しては5年契約となるケースが多く、満期を迎えた際には価格やサービス力などから再契約を行うか別のメーカー、別の業者のコピー機をリースするかを選ぶ事が出来ます。成熟した分野の商品の為、基本的にコピー機に画期的な機能が搭載される事はありませんが、定期的に新しいモデルに更新していく事が出来るというのもリースならではの魅力と言えるでしょう。